内と外が自然と繋がる家・H邸

玄関
玄関入った正面に中庭の木を眺めるピクチャーウィンドウを設置しました。外に目を向けることで内と外を繋げています。

建物に対して土地に余裕があるのを生かし、玄関までのアプローチの植栽から、玄関に入ると中庭が見えるピクチャーウィンドウ。そして リビングに入ると大きな吹き抜けがあり、その大きな窓から中庭のウッドデッキと空が見渡せ開放感にあふれた住まいです。

 

玄関・エクステリア
以前からあった松の木とお稲荷さんをそのまま生かし、大きな建物にあった植栽を楽しめるアプローチと外観を意識しています。植栽をすることでより建物が生きてきます。
玄関
建物に合わせて大きなガラス張りの玄関、天井材を内と外を合わせる事で繋がりを感じます。写真右側は全て靴収納ですが取っ手と付けず、扉に手掛け加工をすることでスッキリ綺麗に見えます。

和室・仏間・神棚
扉を開けると仏壇、その上部は神棚です。宗派にも寄るかもしれませんが、現在はこういった配置でも良いようです。
トイレ
トイレの照明を間接照明にしています。トイレは柔らかい光にすると意外と落ち着く空間になります。

種別  建て替え
構造  木造軸組2階建て
所在地  東京都
居住者  ご夫婦
延床面積  237.74㎡